ブログ内検索
カテゴリー
コメント
月別エントリー
その他
<< 栗原の田植え夕景 | top | 「峯の高野槙」〜打越屋敷跡を訪ねる〜若柳有賀 >>
「ふたり展」河田勉成・佐瀬幸廣6/25〜7/3(陶磁と絵画のコラボ)
運営委員の菊地です。

6月14日で岩手・宮城内陸地震から1年。この震災関連イベントが先週からいろいろ行われていますが、私もその日が記憶に強く残ってます。わが家は比較的被害の少ないエリアでしたが、地震の後2階でへたり込んでいると、緊急地震警報が遅れて一斉放送で流れたのが異様に感じました。停電になってるのに気づき、商店街に出てみれば大きな損壊はありませんでした。

くりでん キャンドル 
6月13日:くりでん栗駒駅付近の線路での震災慰霊キャンドルイベント。
<Yahoo!newsより>阪神大震災の被災地・神戸市から届けられた、慰霊と復興の願いをこめた「1・17希望の灯(あか)り」です。


鴬沢、河田勉成(かわだべんせい)さんの白鶯窯(はくおうがま)は、地震で陶器が棚から飛び出て、完成したもの、制作途中のもの多数が壊滅し、壊れた陶器は山積みに。地震見舞いに訪れた、旧友である絵画家・佐瀬幸廣(さぜゆきひろ)さんは、作品として命を断たれた陶片を絵画の素材として再生させることを思いつき、今回のコラボ「ふたり展」開催に至ったそうです。

「ふたり展」河田勉成・佐瀬幸廣

「ふたり展」河田勉成・佐瀬幸廣

「ふたり展」
岩手・宮城内陸地震で壊れた陶器を絵画で再生しました。

河田勉成 陶磁
佐瀬幸廣 絵画


2009年 6/25(木)〜7/3(金)
月曜休館
開館時間10:00~17:00
最終日は~12:00まで

会場
一迫ふれあいホール

住所:栗原市一迫真坂字高橋20-1

地図:Google Map >>

いつかふたりで作品展をとの想いが
はからずも地震がきっかけとなり実現の運びとなりました。
壊れた陶片が新しいアートと
30数年来の新生・再生・オマージュ。

それは還暦を迎えた旧友ふたりの
青春回帰の作業でした。

栗原では「見てけらいん」
会津では「見てくらんしょ」
どうぞゆっくりとご覧下さい。

協賛
(ホワイエギャラリーにて)

築館写真クラブ
 長谷川久敏
 荻野幸夫

栗駒写真クラブ

後援
栗原市教育委員会
宮城県芸術協会
河北新報社

お問い合わせ
ふたり展実行委員会
代表 河田勉成
TEL:0228(55)2857

※23日午後4時ごろ〜宮城テレビ、OHバンデスにて、「ふたり展」の放送あります。

朝日新聞6/25記事「陶器の破片に命吹き込むモザイク画」>>
kurihara1000 | 岩手・宮城内陸地震関連情報 | 22:27 | comments(0) | - |
Comment