ブログ内検索
カテゴリー
コメント
月別エントリー
その他
<< くりはら夕景セレクション・1 | top | 「空模様の加減が悪かった」片町 >>
栗原電鉄時代の帽子と「くりでん劇列車」の練習看板
kick_jp6X6です。
 昨夜、当プロジェクトのチラシを置いてもらおうと、運営委員のAさんと、登米市迫町のジャズ喫茶、「エルビン」に行ってきました。ここの音が、とてもまろやかな感じで好きなもんで。
そしたら、マスターの安藤さんが、「こんなのあるよ、写真撮ればー」と栗原電鉄時代の帽子被ってレコードブースから登場。
安藤さんも、くりでんの写真を長い間撮影されており、店内にも、その写真が飾ってありましたので、ご許可いただき、撮影させていただきました。とってもいい感じの写真でしたよ。

また、エルビンには、「くりでん劇列車」というくりでん車内で演劇をやるイベントの練習看板も所蔵されており、これも撮らせていただきましたー。
ということで、今回は、ちょっと違った角度から、くりはらを紹介してみました。エルビンのマスター安藤さん、ご協力、写真ご提供、大変ありがとうごさいました!

栗原電鉄時代の帽子と「くりでん劇列車」の練習看板 in エルビン

栗原電鉄時代の帽子 エルビン

投稿枚数は25枚です。
撮影カメラは、EPSON L-500V

kickjp | 写真UP情報 | 21:13 | comments(2) | - |
Comment
ジャズ喫茶「エルビン」行ってみたくなりました。
帽子とレコードジャケットのショットがステキですね。

posted by レイ ,2008/06/01 1:58 AM

レイさん
いつもコメントありがとうごさいます。
エルビンは、なかなかいい、音と空間ですので、ぜひお店に行ってみてくださいー。

posted by kick_jp6X6 ,2008/06/01 5:54 PM